マルチプレイ心得 Edit

一番やってはいけないこと Edit

一番やってはいけないことはマルチプレイが始まってからの「放置」。
放置するぐらいなら、初手からオートモードにしよう。

マルチプレイのウェイティングルームで、参加者が来るまで、
ネットサーフィンやYoutubeを見るなどして時間を潰すと、
いつのまにかバトルが始まっていて放置をやらかす、ということはよくあります。

このようなやらかしを防ぐためにも、
バトルが始まるまではラングリッサーの画面を見ておくようにしよう。

あまり好ましくないこと Edit

バトル直前のキャラ替えタイムで時間をかけすぎるのはあまり好ましくありません。
長くとも30秒以内には準備完了ボタンを押すようにしましょう。

オートモードは怖くない Edit

マルチプレイで、いきなりオートモードにするとやる気がないやつに思われるのではないか、
手動で操作するほうがマナーがいいのではないか、と思ってしまう人が一定数いますが、
そんなことはありません。むしろ、オートモードのほうがバトルが早く終わって効率がいいです。
ただし、自分のレベルに見合っていない、あるいはギリギリ参加できる高レベル帯のステージはマニュアル操作することをオススメします。

挨拶必要? Edit

ほとんどの参加者が挨拶をしていませんので特に必要ありません。
喋りたい人は喋っていいと思いますが、挨拶を強要するような風土作りは避けたいものです。

マルチプレイルームの参加プレイヤー枠について Edit

マルチプレイは、最大3人で行うことができます。
3人で行った場合は、各プレイヤーから出撃させることのできるキャラは1〜2人となります。

下図のように、プレイヤーの配置枠によって、出撃させることができるキャラ数が決まっています。
戦闘力の高いキャラをもっているプレイヤーは2人出撃させ、低いキャラのプレイヤーは1人出撃させるとよいでしょう。
どのプレイヤーをどの枠に入れるかは、マルチプレイルームを作ったリーダーに権利があります。

▼3人でプレイする場合の出撃キャラ数(一番右の枠が出撃1人となる)
マルチプレイプレイヤー枠1.jpg

ちなみに、2人でマルチプレイを行うこともできます。
その場合は、各プレイヤーから出撃させることのできるキャラは2〜3人となります。

▼2人でプレイする場合の出撃キャラ数(一番右の枠が出撃2人となる)
マルチプレイプレイヤー枠2.jpg

 
 

マルチプレイプレイヤー枠3.jpg

マルチプレイ時の共闘プレイヤーの戦力の見極め方 Edit

マルチプレイでステージをクリアするには、共闘プレイヤーの戦力は非常に重要です。
こちらの戦力があっても共闘相手の戦力がなければ、クリアできないなんてことも…。
共闘相手の部隊Lvは1つの目安となりますが、もう一点、わかりやすい基準があります。
それは、以下のマークです。
マーク.jpg
このマークは、このステージを1人でクリアしたという印です。
このマークがついていたら心強いと思いましょう。

コメントフォーム Edit

コメントはありません。 コメント/マルチプレイ心得?

お名前: Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

TOPに戻る


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-03-17 (日) 13:42:32