関連ページ  : 用語集 | 俗語集


左のサイト内検索、並びにCtrl+Fでのページ内検索を活用してください。

用語 Edit

あ行 Edit

アサルトスーツ
1.ラングリッサーシリーズと同じ開発元であるメサイヤのアクションゲーム『重装機兵レイノス』『重装機兵ヴァルケン』に登場するロボットの総称。ランス・カルザスは『重装機兵レイノス』のライバルキャラの名前が流用されており、そのため『I』ではランス専用装備として登場。機体名は「ゼアーアイン」。
2.ランモバに登場するSSR軽鎧。当初のアイテム名はアサルトハンティングだった。
アルハザード
魔剣。魔族を復活させたり魔族を操ったり結界を突破したり持ち主をボーゼルにしたり周囲のマナを集めたり最終兵器を遠隔操作したり混沌の王カオス様を降臨させたり古代文明の知識を引き出したりできる。いろいろできるが、カオス様いわく「魔族をまとめるための象徴でしかない。剣そのものが強いのではない」。
うみにん
メサイヤの改造町人シュビビンマン3や超兄貴シリーズに登場したマスコットキャラで、同じメサイヤ開発のラングリッサーシリーズにも登場している。ラングリッサーシリーズでは兄貴ステージに登場するのがお約束で条件を満たせば傭兵として使えるようになったりしていたが、ランモバには未登場。
エリュシオン計画
『転生』水没しつつある世界から巨大飛行都市エスペランザを使ってガイアの門の外へと移住する計画。
大いなる蹄
『転生』少数民族。勇者ド・カーニらしき先祖の話があるためシカ族の末裔と思われる。儀式の時だけ仮面を被って先祖伝来の言葉を使ったりするらしい。

か行 Edit

ガイフレーム
1.設定が繋がってるロボット物のシミュレーションゲーム。ロボット兵器が実用化された時代(数千年後)の話で、終盤ではボーゼルが魔装兵というマジカルロボット軍団を繰り出してくるのに対して主人公側は大昔のエルスリード王国時代に光輝側が使った闘神兵というスーパーロボットで対抗する。
2.『IV』古代文明が作った有人型の魔動巨兵。ギザロフに洗脳されたレイチェルが搭乗する。
ガルツォーク
『III』クリムゾの民による古代魔導文明が作った無人型の魔動巨兵。エストールの遺跡(時空の裂け目10-6)のマップにサイズ感がよく分かる朽ちたガルツォークが転がっている。『V』ではクリムゾランダーの末裔であるヴィラージュが2体、クリムゾニアであるゼロが2体率いて、戦場で潰し合った。またカルザス帝国は「オリジナル・ガルツォーク」を有している。
強襲型魔光剣
1.シグマの剣。『III』エンディングで旅立ったアルテミュラーが後に見つけたファーナに生命力を注入して延命できる道具。子孫に代々受け継がれ、『V』で子孫であるリグリア領主の家系が受け継いでいた。生命力を吸収してビームとして発射できるためステージ毎に1回だけ長射程攻撃を発動できる。元々はクリムゾニアの王族用の武器で、レインフォルスも所有している。
2.ランモバに登場するSR剣。ビームは出ない。
クロニク教
『転生』グレスデン帝国の国教。ルシリスを信仰しているが教義は従来のルシリス教と異なり、教皇をトップするとする体制。
賢者の水晶
『II』エンディングで融合封印された聖剣ラングリッサーと魔剣アルハザードの姿。神界で保管されていたが、『IV』で邪神ゲンドラシルに盗まれ、レクリオ村のクリムゾランダーの手に渡り、ゴタール村で保管され、ギザロフが手に入れた。
虎徹
『II』レオンが先祖から受け継いだ刀。『III』霧風の刀。ディハルトに贈り、子孫のレオンに受け継がれた。『転生』トワが所持。

さ行 Edit

三国同盟
『V』反連邦の勢力。レーゲンブルク連邦王国のロシュフォール地方領、レイノルズ地方領、サザーランド地方領による同盟。
シカ族
敵ユニットとして登場する。正式名称はシカデスヤン民族で森林の奥などに集落を作る狩猟民族である。彼らが良く口にする「シカ」は彼らが信仰する大地母神の名前でもあり「神よ」、「南無三」といったニュアンスで使用される。最盛期はエルサリア大陸南東部一帯を勢力圏としていたが、時代が下るにつれ、盗賊化するものや、レイガルド帝国などの軍制に取り込まれるなどその結束は乱れていった。手斧、竹槍、スリングなど原始的な武器を用い、犬、カエル、狼など調教した動物に騎乗する。また優れた人物に称号を付ける文化があり、例えば「ド・カーニ」の「ド」は勇者を表す称号である。
指揮官
プレイヤーのこと。お知らせやでのみ存在が言及される。なお、原作のラングリッサーシリーズにおける「指揮官」(兵士を従えた指揮官ユニット)は、ランモバでは「英雄」や「将軍」と云う。
聖剣争奪戦争
『I』での聖剣ラングリッサーを巡るバルディア王国とダルシス帝国の戦い。

た行 Edit

伝位の鏡
『IV』対になった鏡に映像と音を伝える道具。ラリオハ遺跡にあった。『ランモバ』ではジェシカが所有していて片方をイェレス大陸に向かう剣鋳軍に渡した。
伝説の彼方
主に『IV』と『V』の主人公の陣営。
元ネタはラングリッサー『V』のエンディングで表示される文字と思われる。
時狭の時計
『ランモバ』英雄召喚や時空の裂け目を開く際に使われる道具。
ドラゴンスレイヤー
『I』邪竜復活に伴ってかつて邪竜を倒した勇者の想いが実体化した剣。邪竜が倒されたことで存在意義を失って消えた。(裂け目8-3)

な行 Edit

は行 Edit

白翼の日
『ランモバ』カルザスを称えたイバス連邦の祭。
光の女神
女神ルシリスのこと。
光輝の女神とはたぶん書かない。
光輝
これで「ひかり」と読むが、転生以降「こうき」と読まれてしまうことが稀にある。
下記『光輝の末裔』の意味からすればエルスリードのことを指すと思われるが
光輝軍はエルスリード軍ではないのでルシリスの意思を汲む者、正義、などの意味が込められているのかもしれない。
陣営の光輝軍自体は『光輝の末裔軍』の略称の可能性もある。
光輝の軍勢
『転生』ルシリス教団を中心とした反帝国勢力。
光輝の末裔
『V』のゲーム内クラレット曰く、エルスリードの末裔とも言う。
つまりジークハルト王の血族でルインの子孫。および聖剣誕生の場に立ち会った者たちの子孫。
『I』から『V』では人間で聖剣ラングリッサーをそのまま扱えるのは基本的には光輝の末裔のみである。
例えば『II』では、ルインの子孫であるエルウィン、ソフィアの子孫であるリアナとラーナ、ルナの子孫であるシェリー、ディハルトの子孫であるレオン、転生した本人であるジェシカ、に装備できる。

ま行 Edit

:メサイヤンソード
:原作のラングリッサーシリーズで聖剣ラングリッサーを入手するステージを再プレイすると代わりに手に入る剣。『ランモバ』には登場しないが、時空の裂け目11-7クリア後のディオスを台詞を情けない見た目のメサイヤンソードに対する台詞にしてしまっている。

や行 Edit

ら行 Edit

ラングリッサー
1.作品タイトル。
2.聖剣。精神エネルギーを集めたり最終兵器を中枢部で直接操作したり魔族や魔剣アルハザードの力を封じたりできる。この剣を持つ者は無限の力を得ると言い伝えられているがカオス様によれば、剣の強さや破壊力なんかではなく、聖剣は人々を団結させる象徴に過ぎず、無限の力とは人々が心を一つにすれば人間が持つ無限の可能性が拓け偉業をなせることを指す。
3.『ミレニアム』光の神イルミスの魂たる剣。人造天使の核に使われイルミスの化身を名乗る人造神が誕生したが、実は鞘から抜けば世界が破滅する混沌神ディヴォールの魂たる剣と言われていた大剣の正体が混沌神デヴォールに封印を施された本物の聖剣ラングリッサーで、聖剣ラングリッサーと思われていた剣を核に作られた人造神は混沌神ディヴォールの化身だった。
ルシリス教
『転生』におけるルシリス信仰の最大教派。

わ行 Edit

英字 Edit

数字・記号 Edit

人名 Edit

あ行(人名) Edit

アーロン
『II』 → R/アーロン
アイヴァー
『IV』自称・天才軍師アイヴァー様。カコンシスで失策後ギザロフに寝返り、さらに失策後にボーゼルに与して、力を授かって天才魔軍師アイヴァー様になったが自分を天才軍師と思い込むだけで実力が全く伴わない愚か者であることに何ら変わりはなかった。魔族ルートでは仲間としてプレイアブルになり、エンディングで魔族と結婚し尻に敷かれていることが述べられており、今作でもイベントでスキュラの「かみさん」を恐れる恐妻家というキャラ付けをされるようになった。
アイゼル
『V』レインフォルスの部下。クリムゾニアの血は一滴も入っていない地上人だがレインフォルスに忠を尽くした武人。
アカヤ
『ランモバ』 →SSR/アカヤ
アキセル
『I』バルディア王国の指揮官。(裂け目8-1)
アキターン
『II』
アドン
『超兄貴』イダテンを兄貴と慕うボディビルダー。ラングリッサーシリーズでは兄貴ステージに登場する。名前はゲイ雑誌『アドン』に由来。
アメジスト将軍
『ランモバ』レーゲンブルク帝国の将軍。その正体はギザロフが作った改造人間「アルファ」。
アメルダ
『ランモバ』 →N/アメルダ
アルヴィンス
『V』レーゲンブルグ連邦レイノルズ地方領主の長男。アルフレッドの兄。野心により父親を殺すが、肉親と殺し合う呪いによって性格が豹変していたらしい。
アルダン
『IV』レーゲンブルグ連邦の四将軍の1人。公爵。ローゼンシルの許嫁だったが主人公の手により戦死。(裂け目14-1)
アルテミュラー
『III』 → SSR/アルテミュラー
アルバート
『I』仲間キャラ。バルディア王国のアンゼルの砦を守っている辺境警備隊の指揮官。(裂け目7-1 砦の勇者)
アルフしッド
『V』偽アルフレッド。正体はアドン。
アルフレッド
『V』 → SR/アルフレッド
アレス・ロヴィナー
『転生』 → SSR/アレス
アレックス
『IV』レーゲンブルク連邦王国のリヴァース元帥の息子。父親を謀殺して元帥になったギザロフを討つためレーゲンブルクに対して反乱を起こすが、ランフォード将軍に説得され矛を納め責任を取って自決。
アンジェリカ
『ランモバ』 → SR/アンジェリカ
アンジェリナ
『IV』 → SSR/アンジェリナ
アンセル・バラデュール
『転生』加入キャラ。アレスが見習い領主をしていた臨海都市ボルスレーヌの自警団団長で、アレスの相棒。
アントノフ
『I』ダルシス帝国の指揮官。
アンナ
『III』 → R/アンナ
イクルス
『II』ロウガとソニアの面倒を見ていた僧侶。レオンの父親と友人だったためレオンも知っている。
イプシロン
『ランモバ』ギザロフが新たに作った素体(改造人間)。決してボトムズの方ではない、いいね?。
イフリート
『I』炎の精霊。レディンがエルスリード王国の末裔と知って、邪竜を倒すために力を貸した。(裂け目8-2)
イメルダ
『II』 → SR/イメルダ
イルーシア
『ランモバ』 → SSR/イルーシア
イルザック王
『I』バルディア王国の国王。レディンの父親。(裂け目6-1)
ウィラー提督
『IV』 → SSR/ウィラー
ヴィラージュ
『V』 → SSR/ヴィラージュ
ウィリアム侯爵
『III』ティアリスの父親。(裂け目9-1)
ウィルダー王
『III』バーラル王国の国王。フレアの父親。ラグの蟲に寄生され操られていた。
ヴィンセント
『ランモバ』 → SSR/ヴィンセント
ウェルナー
『V』小説版に登場したシグマの本名。『ランモバ』のシグマのプロフィールでも採用されている。
ヴェルナー・ダイム
『転生』 →SSR/ヴェルナー
ヴォルコフ
『I』序盤の仲間キャラ。バルディア王国の老騎士。毒矢を受けて再びバルディア城を見ることなく死亡。
ウッキー
『II』
エヴァンゼ
『II』Stage1で駆けつけてレオンと戦うNPC。リデルとは恋人同士。倒される前にクリアすればボーナス報酬あり。
エグベルト
『II』 → SR/エグベルト
エスト
『II』寄生生物タイプの魔族。そのためクラスチェンジ分岐は様々な魔族の種族。独立ルートではボーゼルを倒したことで精神支配が解けて自身の意思で仲間になる。ランモバでは何故かいろんな雑魚に名前が使われている。
エマーリンク
『III』 → SR/エマーリンク
エミリー
『IV』『V』 → SSR/謎の騎士
エミリア
『II』 → SSR/エミリア
エラスタ
『ランモバ』 → SSR/エラスタ
エリザ
『II』バルガスの妻。金髪。娘のエミリアを出産する。
エリック
『V』クラレットの婚約者。ギルモアによって定期的に摂取しないと発狂する薬物を打たれてスパイにされていた。ギルモア軍のオリジナル・ガルツォークに特攻して死亡。
エルウィン
『II』 → SSR/エルウィン
エルマ・ミンスター
『転生』仲間キャラ。臨海都市ボルスレーヌのルシリス教会の神官補佐。アレスの幼馴染。
エントレリ
『ランモバ』イバス連邦の三つある傭兵団の1つの団長。魔将ガイエルが用いていた偽名。
オーヴァ
『III』ジェシカや女神ルシリスと共に破邪の剣とジークハルトの魂を融合する儀式を行なった賢者。ランモバでは誤訳のオルバー表記は修正されたが、オルバーの杖は修正されずそのまま。
オウトクラト4世
『転生』 → SSR/オウトクラト4世
オスト
『II』寄生生物タイプの魔族。そのためクラスチェンジ分岐は様々な魔族の種族。独立ルートではボーゼルを倒したことで精神支配が解けて自身の意思で仲間になる。ランモバでは何故かいろんな雑魚に名前が使われている。
オディロン・フェデルタ
『転生』光輝ルート加入キャラ。ユリアン・カルザスに仕えている亡国カルザスの元将軍。
オメガ
『V』 → SSR/オメガ
オリヴァー
『ランモバ』 → SR/オリヴァー
女傭兵
『V』ブレンダの傭兵団の指揮官。個人名は登場しない。ブレンダがエルサリア大陸に行っている間、ヴィラージュの指揮下で三国同盟を妨害した。ヴァルタールの街に潜入して発掘中の空宙戦艦を破壊しようとしたが、クリムゾンナイツと戦って死亡。

か行(人名) Edit

ガイエル
『III』『V』リグリア帝国の四将軍の1人。ボーゼル化したアルテミュラーに始末され、カオスの力でパウルがボーゼルになった際についでにカオスの力で魔将になった。『V』ではアルハザードを奪取しペイリアのコントロールを手中に収めるだけでなく、ランディウス一行に倒された主君ボーゼルに見切りをつけ、グロブ、フェラキアら他魔将を出し抜き魔族TOPの簒奪を図った。
カ・イロウ
『I』シカ族。グラフィックスタッフの只隈圭介氏のペンネーム・傑怪老(けつかいろう)に由来。
カオス
混沌の王。魔族から神として崇拝されているが、本来は神という枠に収まる存在ではなく宇宙そのものを形づくる力の半分である混沌の化身。秩序に偏ると世界が停滞するため、破壊がもたらす混沌によって宇宙の進化を促進するのが目的。
カコンシス王
『IV』カコンシス王国の国王。シェルファニールとアンジェリナの父親。個人名もカコンシス。娘とは正反対の愚鈍で狭量な国王。
カコンシス王子
『IV』カコンシス王国の王子。シェルファニールとアンジェリナの兄。人質としてレーゲンブルク連邦で暮らしていた。
本編開始前に死亡するため、本名、顔、声などは一切不明。
カコンシス王妃(IV)
『IV』カコンシス王国の王妃。カコンシス王子とシェルファニールとアンジェリナの母親。
カコンシス王妃(ランモバ)
『ランモバ』カコンシス王国の王妃。オリヴァーとメルパーニの母親。
カ・シンド
『III』シカ族。
カニヲ
『II』
カミラ
『II』エグベルト率いる黒竜魔導師団の女魔術師。
ガルヴェス
『I』ダルシス帝国の指揮官。
ガンビーノ大司祭
『ランモバ』シベリル帝国の大司祭。ボーゼルが用いた偽名。
キース
『II』 → R/キース
ギザロフ
『IV』 → SSR/ギザロフ
ギナム
『II』エグベルト率いる黒竜魔導師団の魔術師。
キャサリン
『V』オバさまの飼い犬。オス。(SSR/シグマ運命の扉)
霧風
『III』 → SR/霧風
ギルバート
『III』仲間キャラ。剣豪。グロブに娘の死体をゾンビとして再利用されたことに憤慨し再び剣を取りディハルトの仲間に加わる。
キルヒナー
『I』ダルシス帝国の指揮官。
ギルモア
『V』カルザス帝国の大臣。皇位を簒奪、カルザス建国王ランスの子孫を僭称する。しかしその際に王妃がクリスで息子がレオンなどと適当なことを言ってしまい
歴史の生き証人であるジェシカにあっさりと看破される。
クェイド
『V』カルザス帝国の侯爵。クラレットとシグマたちをしつこく付け狙う執念の男。
グスタフ
『転生』闇ルート加入キャラ。ボーゼルに仕えるロボ。
グニル
『ランモバ』 → N/グニル
クフィール団長
『V』カルザス帝国の指揮官。飛兵団の団長。
グラーズ
『IV』邪神ゲンドラシル配下の魔神。人間に取り憑いて操ることができる。
クライスト四世
『III』リグリア帝国の皇帝。フルネームはハインリッヒ・クライスト四世。パウルの父親。アルテミュラーの叔父。
クラウス伯爵
『III』ラーカス王国の貴族でディハルトの父親。レイモンド子爵とは兄弟。王宮に仕える外交官でバーラル王国との同盟を実現させた。
クラレット
『V』 → SSR/クラレット
クリス(I)
『I』 → SR/クリス
クリス(クリスティアーネ・フォン・プリンツ・フランダル・ポエティア)
『転生』帝国ルートと独立ルートの仲間キャラ。貴族の出で帝国軍の中隊長。
クリムゾンナイツ
『V』レインフォルス配下のクリムゾニアによる一騎当千の精鋭騎士。アインスからノインの数字で互いを呼び合っており、ゲーム上ではCナイツと表示される。
Cナイツ1(アインス)、Cナイツ2(おそらくツヴァイ)
『V』Cナイツ1とCナイツ2。シナリオ32「他律」にてレインフォルスを護衛。アインスの兵種構成は騎兵と歩兵を連れた騎兵指揮官。Cナイツ2の兵種構成は槍兵を連れた歩兵指揮官。
Cナイツ3(おそらくドライ)
『V』Cナイツ3。HARDモードではシナリオ32「他律」にてCナイツ8と同じ兵種構成の飛兵指揮官として登場。
Cナイツ4(おそらくフィーア)
『V』Cナイツ4。HARDモードではシナリオ32「他律」にてCナイツ1と同じ兵種構成の騎兵指揮官として登場。
Cナイツ5(おそらくフュンフ)
『V』Cナイツ5。HARDモードではシナリオ32「他律」にてCナイツ2と同じ兵種構成の歩兵指揮官として登場。
Cナイツ6(おそらくゼクス)
『V』Cナイツ6。シナリオ31ではCナイツ7と共に登場。兵種は歩兵。HARDモードではシナリオ32「他律」にて再登場。
Cナイツ7(おそらくジーベン)
『V』Cナイツ7。シナリオ29にレインフォルスの護衛として登場。シナリオ31ではCナイツ6と共に登場。兵種は騎兵。HARDモードではシナリオ32「他律」にて再登場。
Cナイツ8(アハト)、Cナイツ9(ノイン)
『V』Cナイツ8とCナイツ9。シナリオ29〜30に登場してシナリオ30にて戦死。アハトは天使を連れた飛兵指揮官。ノインは騎兵と歩兵を連れた騎兵指揮官。
クルーガー
『IV』 → SSR/邪神クルーガー
クレイマー
『II』イメルダ率いる氷竜兵団所属の指揮官。(最初のメガドライブ版IIでは青竜騎士団所属)
クレオネス大王
『IV』レーゲンブルグ連邦王国の大王。ローゼンシル姫とフレデリック王子の父親。
クロテール
『ランモバ』 → SSR/クロテール
グロブ
『III』死人使い、三魔将の1人。
ケー・ツカイロ
『III』シカ族の大酋長。1作目のカ・イロウ同様にスタッフの傑怪老(けつかいろう)氏に由来。
ゲイツ
『III』リグリア帝国の指揮官。ガイエルの部下。
ゲイマン伯爵
『IV』アルダン将軍麾下のレーゲンブルグ連邦王国の指揮官。
ケルティス (アンドレイ・ケルティス)
『転生』闇ルート加入キャラ。レイテ軍の軍師的な立場にある人間。元・画家で、手帳に人間の死に様を記録するのが趣味の狂人。
ゲンドラシル
『IV』邪神。封印されており、見つけたギザロフに力を与えた。
コスタ
『転生』ショップ店員。
コッセル
『I』バルディア王国の司祭。
コティ
『III』剣豪ギルバートの娘。
ゴルドリー
『V』カコンシス王国の指揮官。誇りや忠誠心はないに等しく、収賄等悪行を繰り返した挙句に追放される。その後シグマの前に爆弾を持って現れるが、特攻自爆用であることを黒幕から知らされていないまま爆死。無駄死かと思われたが・・・。
コニー (コンスタンツァ・イアハルト)
『転生』帝国ルートと独立ルートの仲間キャラ。飛行機械を研究する技術士官。

さ行(人名) Edit

サー・ガリウス
『I』ダルシス帝国の魔道師。リメイク版ではシナリオ分岐の重要なフラグ要素。
宰相(IV)
『IV』レーゲンブルク連邦王国の宰相。ラッセルの父親。個人名は登場しない。
サムソン
『超兄貴』イダテンを兄貴と慕うボディビルダー。ラングリッサーシリーズでは兄貴ステージに登場する。名前はゲイ雑誌『SAMSON』に由来。
ザルダフ
『I』ダルシス帝国の指揮官。
ジークハルト王
『II』『III』『V』エルスリード王国の国王。レイモンド子爵。聖剣ラングリッサーの中の人。
ジークハルト王(エルスリード三部作)
『エルスリード戦史』光の魔術師ジークヘルマンを始祖とするエルスリード王国のジーク一族の王朝における第5代国王。
ジェシカ
『I』『II』『III』『IV』『V』『転生』『ランモバ』 → R/ジェシカSSR/転生ジェシカSSR/光の巫女
シェリー
『II』 → SSR/シェリー
ジェリオール
『III』 → SSR/ジェリオール&レイラ
シェルファニール
『IV』 → SSR/シェルファニール
シグマ
『V』 → SSR/シグマ
シゲマ
『V』偽シグマ。正体はバラン。
シシ・ホワイト
『ランモバ』イバス連邦の財閥長。銭ゲバだったり腐女子だったり開発に色々いじられている人。
ジャック(転生)
『転生』傭兵ギルドのギルド長。本人は無言で、代わりにハリネズミが会話する。公式ツイッターもジャック(の代弁するハリネズミ)が担当していた。
ジャック(ランモバ)
『ランモバ』黒猫の船長キャプテン・ジャック。ZLONGAME傘下でランモバを開発しているBlack Jack Studioに由来。
邪竜
『I』聖剣ラングリッサーによる魔族への封印が解かれたことにより復活した邪竜 (裂け目8-2 8-3)。『エルスリード戦史』のダークドラゴンに相当すると思われる。
ジュグラー
『III』 → SSR/ジュグラー
シュゼット・ブレーズ
『転生』光輝ルートの仲間キャラ。光輝の軍勢の小隊長。
ジョン
『ランモバ』オリジナルの兄貴。兵種は弓兵。
シリカ
『ランモバ』 → SSR/シリカ
シルバーウルフ
『III』 → SR/シルバーウルフ
スカルディス
『I』ダルシス帝国の指揮官。
スコット
『II』 → R/スコット
スタイン
『ランモバ』シベリル帝国の君主。イバス連邦に向かう道中で死亡した。
セリア
『I』ダルシス帝国の女性指揮官。
原作ではロード→ジェネラルで、魔法使いとして登場する本作の設定はオリジナル。
ゼルダ
『ランモバ』 → SSR/ゼルダ
ゼルド
『I』ダルシス帝国の将軍。ベジータみたいな髪型の人。
セレナ
『IV』 → SR/セレナ
ゼロ
『V』レインフォルスの部下。クリムゾニア。レインフォルスの扉にも登場するが専用グラフィックは開発中らしく、MOB指揮官グラ。
ソーン
『I』仲間キャラ。サルラス領主ホーキング配下の警備隊長。
ソニア
『II』 → SR/ソニア
ソフィア
『III』 → SR/ソフィア
ゾルム
『II』バルガス率いる炎竜兵団の副官。上巻を見習ったヘアスタイル。
村長(IV)
『IV』ゴタール村の村長。ランディウスを養子にとった養父。レイチェルとリッキーの父親。
村長(ランモバ)
『ランモバ』ドワル村の村長。グニルの父親。ティスラーオ浮遊城居住区の村長になった。第2部プロローグでは旅立つ3人それぞれに向けた餞別を大きな荷物の中に入れてくれる。マシューには高級ステーキ、アメルダには週刊最新ネタ、グニルにはBrown♂精油。

た行(人名) Edit

ダークプリンセス
1.『II』のキャラ → SSR/ラーナ
2.クラス名。
大司教
『V』エストール大神殿の大司教。
大司教の娘
『V』エストール大神殿の大司教の一人娘。誘拐されてダレス監獄で人質にされていた。
ツバメ・デウラ
『転生』 → SSR/ツバメ
ティアリス
『III』 → SSR/ティアリス
ディオス
『III』 → R/ディオス
ディゴス
『I』ダルシス帝国の皇帝。
ディスタン
『I』ダルシス帝国の指揮官。
ディハルト
『III』 → SSR/ディハルト
テイラー
『I』仲間キャラ。バルディア王国の騎士。元は海賊でイルザック王と戦って意気投合して家臣になった。
トーランド男爵
『III』ラーカス王国の貴族で天才軍師。ルナの父親。
ド・カーニ
『III』仲間キャラ(フレアが死亡した場合に加入)。シカ族で勇者。火を恐れない。
ド・モトフ
『I』シカ族。グラフィックスタッフの堂本氏に由来(どうもと→どふもと)。PCE版の超らんぐモードではスタッフ本人のD本として登場する。
ドレン
『II』エルウィンの両親に仕えていた剣士で、2人の死後にエルウィンを育て鍛えた養父。物語開始以前に、光輝の末裔であるエルウィンを狙ってきたファイアスと戦って死んだ。
トワ
『転生』仲間キャラ。アレスの師匠。

な行(人名) Edit

ナーギャ
『I』秘境ヴェルゼリアのガイドをしてところをニコリスに力を与えられ配下にされた人間。
ナーム
『I』 → SR/ナーム
ナール
『IV』リスティルの部下の魔族。仲間キャラ。
謎の騎士
1.『ランモバ』 → SSR/謎の騎士
2.『II』メガドライブ版のシナリオ4の友軍。兜をかぶって顔が隠れた状態のシェリー。 → SSR/シェリー
ニーム
『ランモバ』オリジナルの兄貴。兵種は魔族。
ニコリス
『I』力を求めてヴェルゼリアを訪れ封印されているボーゼルから力を与えられ配下になった人間。
ネルウィー
『I』ダルシス帝国の指揮官。
ノイマン侯爵
『IV』アルダン将軍麾下のレーゲンブルク連邦王国の指揮官。
ノエミ・ヴェルレーヌ
『転生』 → SSR/ノエミ

は行(人名) Edit

パウル
『III』リグリア帝国の皇子。皇帝の実子だがアルテミュラーとは異なり知勇の才能はなく、その性格の下劣さからアルテミュラーだけでなくファーナやエマーリンクからも呼び捨てされるほど嫌悪されていた人物。同じくアルテミュラーを快く思っていなかったガイエルと共謀するも、その過程でファーナを殺してしまったことでアルハザードを握ってボーゼルと化したアルテミュラーにガイエルもろとも殺された。アルテミュラーを蹴落とすために自軍のサボタージュもいとわないその邪悪さをカオスに見込まれ、正気を取り戻したアルテミュラーに変わり新たにボーゼルになった。
パツィル
『転生』闇ルートと独立ルートの仲間キャラ。澱みのように溜まった人間の思念から生まれた存在で、人間の生活に興味を持っている。
バラン
『超兄貴』アドンとサムソンの三人兄弟の長兄。ボ帝ビルに侵略された星の1つの王位継承者でもある。元は田丸浩史の漫画版『超兄貴』のオリキャラだったが超兄貴シリーズに逆輸入された。ラングリッサーシリーズでは兄貴ステージに登場する。名前はゲイ雑誌『薔薇族』に由来。
バルガス
『II』 → SR/バルガス
バルク
『IV』『V』レーゲンブルグ連邦の将軍。『供戮砲けるバルガスに近い武人ポジション。『V』では死人使いグロブにゾンビにされてしまった。
バルドー
『II』青竜騎士団所属の指揮官。(時空の裂け目1-1)
バレンツ
『I』ダルシス帝国の指揮官。
ピエール
『III』 → R/ピエール
ヒルダ・ユースティーツ
『転生』 →SSR/ヒルダ
ファーナ
『III』 → SR/ファーナ
ファーベル
『III』仲間キャラ。ソフィアの父親。
ファイアス
『II』開始以前に、光輝の末裔抹殺のためエルウィンを狙おうとした魔族でドレンに阻まれて殺した。元は小説版『II』に登場したオリジナルキャラクターで、ボーゼルが自らの小指を素材にして作った女性魔族だった。『デア・ラングリッサー』(SFCリメイク版『II』)に逆輸入されたが、デアの闇の軍勢には元の『II』には居なかったソニアなどが追加されたのでただの男の魔族に設定変更された。
フェアラート
『IV』魔術師。ボーゼルが用いた偽名。
ちなみにフェアラートとはドイツ語で裏切者の意。
フェラキア
『III』『V』 → SR/フェラキア
ブラー隊長
『IV』レーゲンブルグ連邦王国のギザロフの部下。(時空の裂け目13-2)。Trueルートでは終盤セレナ将軍と一騎打ちを行い討ち死に。
ブルーノ
『IV』カコンシス王国の将軍。魔神グラーズに取り憑かれていた。
フレア
『III』 → SR/フレア
フレデリック王子
『IV』レーゲンブルグ連邦王国の王子。ローゼンシル姫の弟。
ブレンダ
『V』 → SSR/ブレンダ
フロレンティア・ユースティーツ
『転生』 → SSR/フロレンティア
ヘイン
『II』 → SR/ヘイン
ベティ
『I(リメイク)』 → SSR/ベティ
ベルガー
『IV』レーゲンブルグ連邦のバルク将軍の副官。
ベルンハルト
『II』 → SSR/ベルンハルト
ヘレナ将軍
『ランモバ』 → SSR/ヘレナ
ホーキング
『I』仲間キャラ。サルラスの君主であるサルラス公。バルディア王国のイルザック王とは旧友。光輝の末裔。
ボーゼル
個人名ではなく混沌の王カオスの力を授かった代行者の称号のようなもの。
ボーゼル(ハゲ)
『III』に登場するボーゼル。『I』や『II』のボーゼル(『III』の真ボーゼル)とは別人。ランモバの挑戦ステージなどではこちらに真ボーゼル名義が使われている。
ボーゼル(アルテミュラー)
『III』 → SSR/アルテミュラー
ボーゼル(パウル)
『I』『II』『III』『IV』『ランモバ』パウル皇子がカオスに選ばれてボーゼルになった存在。
ボーゼル(英雄)
『ランモバ』 → SSR/ボーゼル
ボーゼル(転生)
『転生」 → SSR/リコリス
ボーゼル(エルスリード3部作)
シュトルマンを始祖とするヴェルゼリア王国の国王の称号。『エルスリード戦史』では4代目のゲルツ=ボーゼル。『ガイフレーム』では5代目のヴェルツマン=ボーゼル。
ポリアル・イテリメ
『転生』少数民族「大いなる蹄」の巫女で、自称・次期族長候補。
ボルツ
『III』リグリア帝国の四将軍の1人。

ま行(人名) Edit

マーケボイ
『ランモバ』イバス連邦の傭兵団の1つ「嘲笑の手」傭兵団の団長。同じく傭兵団長のエラスタとは恋仲だった。
マイヤ・クラフツォフ
『転生』 → SSR/マイヤ
マクレーン
『IV』『V』ギザロフに改造された失敗作でラムダ(マリアンデール)の実兄。仲間キャラ。
マシュー
『ランモバ』 → N/マシュー
マスターソン
『V』ランフォードの父ランベルトに仕える執事であり、幼少時のランフォードの武芸の師。
マリーゴールド
『転生』アレスとリコリスの母親。
マリアンデール
『V』ラムダの本名。愛称はマリー。
マリエル・サルラス
『転生』 → SSR/マリエル
ミシェル・ギー
『転生』光輝ルートと独立ルートの仲間キャラ。ルシリス教会聖堂奉仕団の団長。
ミュー
『ランモバ』ギザロフが作った改造人間。ラムダと同様の植物と交信する能力がある。
メルパーニ
『ランモバ』 → SR/メルパーニ
モーガン
『II』エグベルト率いる黒竜魔導師団の魔術師。

や行(人名) Edit

ユリア
『ランモバ』 → SSR/ユリア
ユリアン・カルザス
『転生』光輝ルート加入キャラ。滅亡したカルザス王国の再興を目指している王子で「光輝の軍勢」の将軍。光輝の末裔(ルナ ナーム シェリーの系譜)なのでラングリッサーを装備させることも可能。
ヨア・ユテン
『転生』帝国ルートと独立ルートの加入キャラ。グレスデン帝国の高位技術士官。

ら行(人名) Edit

ラーナ
『II』 → SSR/ラーナ
ライアス
『I』ランスの部下。
ラグ
『III』蟲使い、三魔将の1人。
ラソフォード
『V』偽ランフォード。正体はサムソン。
ラッセル
『IV』『V』レーゲンブルグ連邦王国の宰相の息子。『V』ではフェラキアに殺され成り変わられている。
ラムダ
『V』 → SSR/ラムダ
ラン
『IV』兄貴ジムの客引き八部衆3番。双子の魔術師の妹のほう。
ランス・カルザス
1.『重装機兵レイノス』のライバルキャラ。
2.『I』 → SR/ランス
ランディウス
1.『IV』 → SSR/ランディウス
2.『ランモバ』 → SSR/世界樹の賢者
ランフォード
『IV』『V』 → SSR/ランフォード
ランベルト
『V』レーゲンブルグ連邦サザーランド地方領主。ランフォードの父親。ランフォードに冷たく接し縁を切るが、肉親と殺し合う呪いの発動を避けるためだった。長男(ランフォードの兄)はこの呪いが原因で死亡している。
リース
『IV』ギザロフ配下の女魔術師。(時空の裂け目13-4)
リアナ
『II』 → SSR/リアナ
リヴァース
『IV』レーゲンブルグ連邦の元帥。ギザロフ将軍に濡れ衣を着せられて謀殺、ギザロフが次の元帥になった。
リコリス・ロヴィナー
『転生』 → SSR/リコリス
リスティル
『IV』 → SSR/リスティル
リスラム
『I』ダルシス帝国の指揮官。
リチャード
『III』ラーカス王国の王族。王位継承権を主張するが、本物はリグリア帝国に処刑されておりフェラキアが化けた偽物だった。
リッキー
『IV』レイチェルの弟。仲間キャラ。
リデル
『II』Stage1で駆けつけてレオンと戦うNPC。やられる前にクリアするとボーナスあり。
リファニー
『III』 → SR/リファニー
リュグナー・マントゥール
『転生』光輝ルート加入キャラ。ルシリス教の主教。
リン
『IV』兄貴ジムの客引き八部衆2番。双子の魔術師の姉のほう。
ルード
『III』バーラル王国のディオスの副官。
ルイン
『III』 → R/ルイン
ルキワード
『I』バルディア王国の指揮官。(裂け目8-1)
ルクレチア・オリフラム
『転生』 → SSR/ルクレチア
ルシリス
光の女神。人々から神として崇拝されているが、本来は神という枠に収まる存在ではなく宇宙そのものを形づくる力の半分である秩序の化身。
ルナ
『III』 → SSR/ルナ
レーサス
『I』バルディア王国の指揮官。(裂け目8-2)
レアード
『II』 → R/レアード
レイチェル
『IVの』 → SSR/レイチェル
レイモンド子爵
『III』ラーカス王国の貴族でルインの父親。ディハルトの伯父。領地は後の時代のサルラス辺りの山間部。攻め滅ぼされたラーカス王国をエルスリード王国として再興してジークハルト王として即位した。破邪の剣に自身の魂を捧げて聖剣ラングリッサーを作った。『II』や『V』でもラングリッサーの中の人として登場する。
レイラ
『III』 → SSR/ジェリオール&レイラ
レインフォルス
『V』 → SSR/レインフォルス
レオン
『II』 → SSR/レオン
レスター
『II』 → R/レスター
レティシア
『I』 → R/レティシア
レディン
『I』 → SSR/レディン
レナータ・ミトラス・ドラゴニア
『転生』 → SSR/レナータ
レナード公爵
『V』カルザス帝国サルラス地方領主。
ローゼンシル
『IV』『V』『ランモバ』 → SSR/ローゼンシル
ローレン
『II』スコットの義父。ホーキングの子孫でサルラス領主。光輝の末裔。
ローン子爵
『IV』アルダン将軍麾下のレーゲンブルク連邦王国の指揮官。
ロウガ
『II』 → R/ロウガ
ロザリア・オルシーニ
『転生』 → SSR/ロザリア
ロックウェル
『V』レーゲンブルグ連邦レイノルズ地方領主。アルヴィンスとアルフレッドの父親。アルヴィンスの策略で死亡、死人使いグロブにゾンビにされてしまう。
ロッキー
『ランモバ』オリジナルの兄貴。兵種は飛兵。
ロナ・イテリメ
『転生』少数民族「大いなる蹄」の戦士で、ポリアルの妹。エンディングで族長になった。

わ行(人名) Edit

地名 Edit

あ行(地名) Edit

アーデルベルト城
『転生』空中要塞エスペランザにあるオウトクラト4世の城。
アグルの砦
『エルスリード戦史』ローレック平野にあるエルスリード王国の砦。
暗影洞窟
サーバーその5。
アンゼルの砦
『I』バルディア王国領南部にある砦。(時空の裂け目7-1)
イェレス大陸
エルサリア大陸の遥か西方にある大陸。『IV』や『V』に登場する。
イグナス渓谷
『IV』カコンシス城の北方にある谷。かつてたびたび旅人が山賊団に襲われて山賊の谷とも呼ばれていた。IVの数年前まで山賊団を見張るために使われていたカコンシス王国の砦が無人のまま放置されている。ラングリッサーIV版桶狭間。(裂け目14-3)
イスカノー(イスカノー要塞)
サーバーその8。『ランモバ』MAP上の地名。シベリル帝国との開戦後、エラスタ率いる「翡翠の門傭兵団」が守備に就いていた。第2の血印が作られる。(メインストーリー17章)
イバス連邦
貿易商団や傭兵団による同盟から成り立った貿易国家。シベリル帝国によって国を滅ぼされたカルザスの民が起源。
イメルダ公国
『II』帝国ルートのエンディングで海辺の領地を与えられたイメルダが建国。
イリス城
サーバーその4。
岩風谷
サーバーその7。
隠居小屋
『ランモバ』MAP上の地名。ジェシカの住居。なお『II』でジェシカとレスターが暮らしていた場所はカルザス地方ではなく川よりも北。
ヴァルク城
『I』アンゼルの砦から南西へと進みワール川を渡った先の地方にある湖上の築かれたダルシス帝国の難攻不落の城。(時空の裂け目7-4)
ヴァルタールの街
『V』宇宙戦艦の発掘が行われている街。
ヴィカス湖
『ランモバ』シベリル大聖堂の手前にある大きな湖。「ビカス湖」という表記揺れあり。
ヴェルゼリア(Velzerla)
魔族がはびこる闇の地。エルサリア大陸の東側に海を挟んで東側にある陸地はヴェルゼリア大陸とも呼ばれるがエルサリア大陸北東部と地続きになっている。『I』の頃は南側がエルサリア大陸と地続きになっていた。『転生』ではヴェルゼリア島とも呼ばれるがバルディア大陸南東部と地続きになっている。
エイムズ湾
『IV』カコンシス王国の北東の湾(時空の裂け目15-2)。ランモバのMAPでは、湾の南西の陸地が海になったり当時はなかった島があったりするが「島の世界樹」や「飛空艇」辺りもエイムズ湾内だった。
エストール(『II』)
『II』ではサルラスの北方にある地名で光の大神殿がある(時空の裂け目1-3)。
エストール遺跡
『ランモバ』MAP上の地名(メインストーリー 22章 信仰の試練)。サルラス砂漠の北方にある神殿の遺跡、
エストール(Estool)(『III』)
『III』ではラール川の北東の地名で、聖剣ラングリッサーの素材になった破邪の剣が納められていた(時空の裂け目10-6)。『V』だとこっちの位置に光の大神殿がある。
エスペランザ
『転生』グレスデン帝国の巨大飛空都市。
エルサリア大陸
舞台となっている大陸。ヴェルゼリア大陸とは地続きになっているが作品によって繋がり方はバラバラ。『エルスリード戦史』ではカルザス地方と繋がっている。『I』では南側が繋がっており邪竜を追跡してヴェルゼリア方面に侵攻。『III』や『V』では北側が繋がっている。
エドベリー渓谷
『IV』(裂け目14-6)
エルスリード王国(III)
『III』のラーカス王国の復興後の名前。神聖語で「光輝く」という意味。レイモンド子爵が即位して初代国王ジークハルトになり、息子のルインが2代目国王になった。後の『I』のバルディア王国。
エルスリード王国(エルスリード三部作)
『エルスリード戦史』光の魔術師ジークヘルマンを始祖とするジーク一族の王朝の国。大陸の4分の1程度の領土しかなかったが、ヴェルゼリア王国との戦いの中で征服されたベイゼル王国とギルガード王国を解放して併合、大陸の2分の1を占める大国へと成長した。
エルスリード城
『エルスリード戦史』エルスリード王国の王城。元はベイゼル王国の領土だった場所。ラングリッサーシリーズで言えばカルザス城の辺り。
エルスリード
『転生』ガルド大陸にある聖地。
エルラード遺跡(『II』)
『II』ヴェルゼリア大陸のホーリーロッドがある場所。(裂け目3-4)
エルラード遺跡(『転生』)
『転生』バルディス大陸にある聖剣ラングリッサー覚醒の儀式をできる場所。
エルンス樹海
エルフが住む森。
エルンストの谷
『エルスリード戦史』南からレスティ−山脈を越えてローレック平野に抜けられる谷。
黄金の砂漠
『エルスリード戦史』ラクセスの森と砂の都ディールの間にある砂漠。
オシュオール山脈
『IV』
オトラント湖
『V』エルサリア大陸南西にある湖。
オルシェン城
『転生』ロザリアが守る城。

か行(地名) Edit

カーマンス城
イバス連邦の城。マーケボイが守備の任務に就いていた。第1の血印が作られる。
ガイア大陸
『エルスリード戦史』ラングリッサーシリーズでいうカルザス地方あたりとヴェルゼリア大陸が地続きになっている大陸。
ガイアナ監獄
『V』カルザス帝国の監獄。
ガイアの門
『転生』世界(プルガトリウム)を囲む超巨大な水門。
ガエアサル
『転生』列車砲。
カオスゲート
『V』所在地は赤き月クリムゾ。女神ルシリスのルシリスゲートがあるように混沌の王カオスにもカオスゲートがある。200年周期の楕円軌道でカオスゲートがある赤き月クリムゾが惑星に接近することで、地上の魔族も活性化する。カオス復活に成功するとクリムゾではカオスゲートの活性化が起きる。
カコンシス王国
『IV』イェレス大陸南東の半島にあるシェルファニール王女とアンジェリナ王女の国。
カコンシス城
カコンシス王国の王城。(裂け目14-2)
カコンシス湾
『IV』半島の西にある湾。(裂け目14-4)
:カラオケ花道 ヴェルゼリア支店
『V』エストール光の大神殿に向かうシグマ一行をクラレットが強引に連れて行ったカラオケ屋。『ランモバ』のシグマの運命の扉では何故かイェレス大陸での出来事に変更されている。
カルザス王国
バルディア王国の北方の魔物が多い地で、『I』のエンディングでランスとナームが切り拓いて建国した。ナームは『III』のルナの子孫で、銀髪ヒロインの血統になっている。『II』では王女のシェリーが登場。『III』ではルナの父親を訪ねに行ったトーランド邸がこの辺りの位置。『V』では広大な領土を有するカルザス帝国になっており皇女のクラレットが登場する。『ランモバ』のワールドMAPで言うとロカの峽谷からカルザスの森あたりまでがカルザス王国領。
カルザスの森
ランモバのMAP上の地名。カルザス城があった場所だったが100年前(『V』の50年後)に新興のシベリル帝国によって滅亡した。
カルザス平原
ガルド大陸
『転生』の舞台となる大陸東方。
カンブラル雪原
『ランモバ』雪原野営地あたりの雪原。
北の塔
『エルスリード戦史』ルーヴェック山脈の北にある塔。大規模な魔術を使うのに必要な大地(ガイア)の力を汲み上げる古代遺跡。
ギルガード王国
『エルスリード戦史』ガイア大陸の北部にあった国。本編の数十年前にヴェルゼリア王国に征服されたがエルスリード王国が光の巨人(闘神兵)を降臨させて撃退、エルスリード王国に合併された。ラングリッサーシリーズで言うとリグリア地方とラール地方の辺り。
筋肉城
『V』アニキ時空にある城。
クノックスの街
『V』
クリムゾ
2つある月のうち「赤き月」。人間よりも長い寿命を持つクリムゾ人が住んでいて、支配階級はクリムゾニア、被支配階級はクリムゾランダーと呼ばれる。
グルノンプール
『IV』カコンシス王国の王都。
グレスデン帝国
『転生』のガルド大陸を治めている国。
グローリー山脈
『IV』
コーウェン台地
『IV』カコンシス王国を攻めてきたランフォード将軍に対してウィラー提督が陣取った場所。
ゴタール村
『IV』『V』イェレス大陸にある村。ランディウスが育った村。村長はランディウスの養父であり、レイチェルとリッキーの実父。(裂け目13-1)。ランディウスの生まれ故郷であるレクリオ村よりも北にあり、ランモバのMAPで言えば「古代の天候システム」と北の川の間あたりにあった。
古代帝国の廃墟
ランモバのMAP上の地名。『II』でレイガルド帝国の首都と城があった場所。
古代の天候システム
ランモバのMAP上の地名。『V』ヴィラージュ達レクリオ村のクリムゾランダーの末裔が先祖から受け継いでいた遺跡。ペイリアが正確に狙いをつけて攻撃できなくするため広範囲の空を曇らせた。
コルシア国(Colcia)
『III』ラーカス王国残党・リグリア帝国・バーラル王国の三つ巴の戦いの隙を突いて領土拡大を狙っている国。ランモバの世界MAPで言えば、ノソンルワール城よりも西側に位置していた。

さ行(地名) Edit

サザーランド地方領
『IV』『V』イェレス大陸にあるレーゲンブルク連邦王国西部の地方領。領主はランフォードの父ランベルト。
サドバリー砦
『IV』ダーランにあるギザロフの砦(裂け目15-4)。ランモバのMAPで言うと「古代の天候システム」の北西。
サリエル湖
ワールドMAP南方にある大きな湖。第4の血印が作られる。
サルラス地方
エルサリア大陸西部の地方。『I』ではホーキングが領主、『II』ではスコットの養父ローレンが領主、『V』ではカルザス帝国サルラス領になっておりレナードが領主。
サルラス砂漠
『ランモバ』のワールドMAPでエルサリア大陸西部にある砂漠。
ザンクトガレン
『IV』イェレス大陸の北方にあるボーゼルの魔城 (裂け目16-4)。『ランモバ』では「北国境線の魔城」という地名で登場する。
サンマーロゥ山
『IV』カコンシス王国から撤退するバルク将軍が迷い込んだ山。(裂け目14-5)
シベリル城
『ランモバ』シベリル帝国の王城。第5の血印が作られる。
シベリル帝国
『ランモバ』守護神を信奉する宗教との二元制国家。
シベル砦
レーゲンブルク連邦王国の砦。
シュテーレンバーグ士官学校
『IV』レーゲンブルク連邦王国最高峰の士官学校。
シュテーレンバーグ城
『IV』『V』レーゲンブルク連邦王国の王城。
死霊の森
『I』サルラスからバルディアに向かう近道のために通った森(時空の裂け目6-4)。『III』では東方の国の料理を出すギュードン屋がある。
雪原野営地
サーバーその11。ランモバMAP上の地名。カンブラル雪原の野営地。

た行(地名) Edit

ダーラン
『IV』ギザロフの所有するサドバリー砦がある場所。
ダルシス帝国
『I』に登場した国。エルサリア大陸南西部にあった。
ダルティス
『エルスリード戦史』ラール地方から東にラエスティック海峡を越えたヴェルゼリアの地名。元はベイゼル王国の領土。ダルティス入り江やダルティスの森がある。
ダレス監獄
『V』カルザス帝国の監獄。
ツインキャッスル
『I』ダルシス帝国の首都にある城、ダルシス城の別名(時空の裂け目7-5 7-6)。『II』帝国軍ルートではサルラスもカルザスも失った光輝の末裔が最後に立てこもる。(時空の裂け目5-6 5-7)
ディール
『エルスリード戦史』砂の都。ラングリッサーシリーズでは対応する場所はヴェルゼリア大陸になっている。
ティスラーオ城/ティスラーオ浮遊城
→浮遊城
ディレス海峡
『ランモバ』MAP上の地名でメインストーリー45章の舞台。『II』エルサリア大陸とヴェルゼリアの間の海峡(時空の裂け目2-8)。
ディレスの谷
『エルスリード戦史』南からルーベック山脈を越えてヴェルゼリア方面に抜けられる谷。
ティロック台地
『』
デル・エトナール城
『転生』ヴェルゼリアにある魔族の本拠地。
ドーネル地方
『II』のレイガルド帝国に併呑された地方の1つ。
ドーラ
『エルスリード戦史』ヴェルゼリア城の西にある雪の街。
トギル
(誤訳 ランモバ) →ロギール砦
ドワル(ドワル村)
サーバーその10。主人公たち3人の故郷。村長はグニルの父親。シベリル帝国から逃れて村民は浮遊城へと移住している。

な行(地名) Edit

西の塔
『エルスリード戦史』ローレック川の西にある塔。大規模な魔術を使うのに必要な大地(ガイア)の力を汲み上げる古代遺跡。
ネオブリッジ
『IV』の隠しステージでアイヴァー行きつけの店「バイオレット」がある場所。ネオブリッジ=新橋。バイオレット=居酒屋「村さ来」。
ネルファス(Nervass)
『III』エルスリード王国南西にある川沿いの街。(時空の裂け目12-3)
ノイシュの村
『V』エルサリア大陸にある村。

は行(地名) Edit

バーラル王国(Barral)
『III』エルサリア大陸南西の国。ラーカス王国の同盟国だったが浮遊城が陥落すると裏切って侵略をかけた。(時空の裂け目12-4 12-5)
ハイランダー(ハイランダー要塞)
サーバーその2。第3の血印が作られる。
バリエル海
『エルスリード戦史』ヴェルゼリアの南西の海。
バルディア(Baldea)
『III』世界地図に記された地名。ルシリスゲートはこの辺りの地方にある。
バルディア王国
『I』レディンの国。『III』のエルスリード王国の後の姿。
バルディア城
『I』バルディア王国の城。(時空の裂け目6-1、6-6)
聖剣ラングリッサーの封印場所になり、『II』では城跡が湖に沈んでいる。(時空の裂け目2-4、4-4)
バルディア要塞
『ランモバ』シベリル帝国の要塞。
:バルディス大陸
『転生』の舞台となる大陸西方。大陸を囲む巨大な水門が現れたことで海位が年々上昇している。大陸の南の沖の島に聖地レイテルがある。『II』の聖地レイテルと同一なら、ランモバの世界MAPで言うとカーマンス城の北の山地が大陸南端。
バルト帝国
『エルスリード戦史』エルスリード王ジーク5世の時代の1200年後くらいに大陸を統一する国。
ビコースの森
『IV』ランディウスとアンジェリナが本編の10年前に出会った森。
翡翠の門
サーバーその3。『III』に登場するルシリスゲートの1つ。エラスタ率いるイバス連邦の「翡翠の門傭兵団」が密かに継承して守っている。
ビスコンシー川
『IV』(裂け目15-3)。ランモバのMAPで言うと「国境線の砦」と「古代の天候システム」の間にある川。
東の塔
『エルスリード戦史』砂の都ディールの東にある塔。大規模な魔術を使うのに必要な大地(ガイア)の力を汲み上げる古代遺跡。
フィジット
『IV』『V』カコンシス王国最大の港町。ステージ間の世界地図でも地名表示されている場所。
浮遊城
サーバーその1。古代文明の産物で『III』ではラーカス王国が有して首都ラーカシアの上空から国を守っていたが、リグリア帝国のアルテミュラー元帥によって墜落した。『ランモバ』ではジェシカが跡地にティスラーオ城を築いており、弟子のアンジェリカがティスラーオ浮遊城として復活させて剣鋳軍の本拠地になる。
プルガトリウム
『転生』水門に囲われ水没しつつある世界に対する呼称。煉獄の意味。
ブロア砦
『IV』レーゲンブルク連邦王国の寂れた無人の砦。カコンシスの姉妹とウィラー提督が利用した。(裂け目13-3)
ベイゼル王国
『エルスリード戦史』本編の120年前にヴェルゼリア王国に滅ぼされた国。ランモバの世界地図で言うと、ヴェルゼリア西部、ディレス海峡、カルザス地方、イスカノー要塞ロゼモン歩哨沼沢、あたりが領土だった。
ペイリア
2つある月のうち「青き月」。赤き月クリムゾに住むクリムゾ人が作った兵器であり、魔剣アルハザードの元になった真の破邪の剣はこれを操作するためのリモコン。
ペルセウス諸島
『ランモバ』カコンシスの東にある島々。メインストーリー第二部で最初に降り立つ場所。
ベルダン
『IV』ギザロフ将軍が暴動を鎮圧した方面。
ホーフェン砦
『IV』レーゲンブルク連邦王国の砦。砦というより捕虜収容所であり、ウィラーが援助している孤児院の子供たちが捕らわれていた。ブルーノ将軍の最期の地。(裂け目16-2)
ポーリア
マクレーンとラムダの故郷の町。フィジットの北西にある。
ボルスレーヌ
『転生』バルディス大陸北西の臨海都市。主人公アレスが見習い領主をしながら暮らしていた場所で、帝国軍に攻め滅ぼされるステージ1の町。
ポンドバッグのうまゲー
『V』隠しシナリオで立ち寄るエルサリア大陸のポンドバッグという場所にあるゲームセンター。pond bag=池袋。うまゲー=シグマ社の「ゲームファンタジ サンシャイン店」。(入り口にある等身大の馬の置き物から「馬ゲーセン」と呼ばれていた。後に「アドアーズ サンシャイン店」に改装された際に馬の置き物は撤去された。)

ま行(地名) Edit

マイリア地方
『II』のレイガルド帝国に併呑された地方の1つ。
魔導研究所
『IV』『V』ギザロフの研究所。複数登場する。
マナウス川の砦
『IV』バルク将軍配下の国境警備隊が駐留する砦。
ミスル町
ランモバのMAP上の地名。(メインストーリー3章)
湖の神殿
ランモバのMAP上の地名。ラングリッサーIIのバルディア城のMAPが流用されているが、バルディア城跡地はバルディア要塞なので無関係。
ミレールの港
『II』ヴェルゼリアに向かうために訪れた港町(時空の裂け目2-7)。『ランモバ』ではミレルス港という名称が登場する。
メルビル山
『V』レインフォルスの城がある山。
モルデナ村
『IV』

や行(地名) Edit

ら行(地名) Edit

ラーカシア
『III』ラーカス王国の首都。
ラーカス王国(Larcuss)
『III』主人公たちが属する国。レイモンド卿が即位した際にエルスリード王国に改名。
ラール地方
カルザスよりも北側の地方。『エルスリード戦史』で戦いの舞台になった。『ランモバ』ではカーマンス城がある辺り。
ラール川(Rall.R)
ラール地方の南の川。『II』のジェシカの家はラール川の北側のラール地方にあった(時空の裂け目1-5)。『III』では世界地図に名前が記されている。
ラールの塔
別名「大地(ガイア)の遺跡」。大規模な魔術を使うのに必要な大地(ガイア)の力を汲み上げる古代遺跡。
ライリム(Railym)
バルディアの南西の山岳地帯。『II』谷にかかる吊り橋がステージになっている(時空の裂け目2-1 4-1)。『III』峠の街がステージになっている(時空の裂け目9-7)。
ラエスディック海峡
『エルスリード戦史』ラール地方の東から南のある湾。ラングリッサーシリーズでは海峡の西部分はラール川になっている。
ラクセスの森
『エルスリード戦史』エルスリード城の東の森林地帯。
:ラスコー砦
『IV』レーゲンブルク連邦王国の砦。バルク将軍の最期の地。(裂け目16-3)
ラフェルの都(Laffel)
『III』ラーカス王国の副王都。(時空の裂け目9-2 10-8 12-6)。位置はランモバのノソンルワール城のあたり。
ラリオハ遺跡
『IV』伝意の鏡があった遺跡。近くにラリオハ温泉もある。
ランシュの村
『III』剣豪ギルバートが住む村(時空の裂け目9-3)。ランモバのMAPで言うと砂漠化してるサルラス地方のオアシス付近の位置。
リグリア地方(Rigüler)
エルサリア大陸北西部の地方。『III』ではリグリア帝国があった。『V』ではカルザス帝国リグリア地方領となっておりアルテミュラーの子孫であるエギル公爵(シグマの父)が領主。『ランモバ』では初めてイェレス大陸に行く際の世界地図表示で、ロゼモンテ歩哨の北西方面にリグリア地方の街らしきもの描かれている。
リゲスの森
ラール地方の森。
ルーベック山脈
『エルスリード戦史』ヴェルゼリア城の南の山脈。
ルシリスゲート西門
『III』聖獣ジュグラーが守っていたルシリスゲート(時空の裂け目10-4)。
ルシリスゲート東門
『III』(時空の裂け目10-3)
ルシリスゲート南門
『III』(時空の裂け目9-8)
ルドンの洞窟
『IV』Aルートでフレデリック派の拠点からシュテーレンバーグ城に向かう最短ルートにある洞窟。
レーグル湿原
『IV』レーゲンブルク王城の南の湿原。Bルートでバルク将軍、ランフォード将軍、副官エミリー、ウィラー提督、セレナ将軍たちの死に場所。
レーゲンブルク連邦王国
『IV』『V』イェレス大陸にある大国。『ランモバ』では分裂と平定によりレーゲンブルク帝国になっている。
レイテル
『エルスリード戦史』エルスリード王国の首都の北にある水の都。
『II』カルザス王国領北東の山奥にあるダークロッドが隠されている聖地。(時空の裂け目1-6)。
『転生』大陸の南の島にある聖地。
レイノルズ地方領
『IV』『V』イェレス大陸にあるレーゲンブルク連邦王国南部の地方領。領主はアルフレッドの父ロックウェル。
レクリオ村
『IV』『V』イェレス大陸にあるランディウスの生まれ故郷でクリムゾランダーの村。水攻めにより滅ぼされた。ランモバのMAPで言えば「古代の天候システム」の僅かに北にあった。
レスティー山脈
『エルスリード戦史』エルスリード城の東の山脈。
レノス谷
『IV』シュテーレンバーグの南西の谷。
ローシェン城
『転生』帝国に占拠された城。
ローレック河
『エルスリード戦史』エルスリード王国とヴェルゼリア王国の間を流れる川。
ローレック平野
『エルスリード戦史』ローレック川の東に広がる平野。エルスリード王国のアグルの砦がある。ラングリッサーシリーズではカルザス地方とヴェルゼリアの間の海になっている。
ロアール砂漠
『IV』(裂け目16-5)
ロカの峽谷
サーバーその9。『ランモバ』
ロギール砦
『III』バーラル王国の砦。
ロシュフォール地方領
『V』イェレス大陸にあるレーゲンブルク連邦王国南西の地方領。領主はレインフォルス。
ロシュフォール城
『V』
ロゼモンテ(ロゼモンテ歩哨)
サーバーその6。『ランモバ』
ロットバイル地方
『IV』ギザロフが拝領を辞退したレーゲンブルク連邦王国の豊かな地方領。『V』エンディングで大地震が発生、アルフレッドが救助に活躍した。

わ行(地名) Edit

ワール川
『I』の「ワールの激流」(時空の裂け目7-3)の舞台。バルディア王国南部の地方とダルシス帝国東部の地方の間を流れており、ランモバのワールドMAPの南端よりも南に位置する。
ワイマラナ山脈
『転生』
倭国
『III』フェラキアに滅ぼされた東方の国。霧風の故郷。

世界地図 Edit

+ ラングリッサーIII
+ エルスリード戦史 (『エルスリード』『ガイアの紋章』)
+ ラングリッサーI
+ ラングリッサーII
+ ラングリッサーIV
+ ラングリッサーV
+ ラングリッサーモバイル エルサリア大陸
+ ラングリッサーモバイル イェレス大陸
+ ラングリッサーリインカーネーション-転生-

コメント Edit

用語を情報提供していただけますと幸いです。


コメントはありません。 コメント/用語集?

お名前: Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

TOPに戻る


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-04-05 (月) 17:13:15